水がめ座ダイアリー

遠くを思うことについて  2018.06.26


今日、twitterで知らない人が「今夜の夕飯は海老シュウマイとタコとわかめの酢の物」って呟いていて、無性に「タコとわかめの酢の物」が食べたくなった。一人暮らしではそんなに作ることがない副菜だから、そして出来合いの酢の物は甘すぎてあまり好きではないので、随分長いこと食べていなかった。


ひとりじゃ持て余しちゃうんだよな、と思った後で、そうか実家に帰ればいいのだと思いついて、唐突に夕食は実家で鯵フライ、なんと海老シュウマイ(を揚げたやつ)、いんげんの和え物、それから私の酢の物。


実家のソファーでくつろぐうち仕事から帰ってきた母に、思い付きで母の故郷をGoogle earthで見せてみた。下甑島という小さな離島の出身で、数年前に祖父の十三回忌が終わって以来もう随分長いこと帰っていないから、懐かしいかなと思って。


母はもう、自分の実家の番地も、電話番号すらとうに忘れて、写真を見せてもぴんとこないようだった。それでも海岸沿いの家の、階段を上がりきった防波堤からの海を嬉しそうに見て、iPhoneの小さな画面をすごいすごいと手に取って、少しだけ島の言葉を口にした。家の場所がおぼつかないから、「手打湾の、確かこの辺り…近くに諏訪神社ってあった?」と訊ねる。「あぁ、諏訪さま」と返ってきた声に、もう20年も前に亡くなった祖母の姿と、少女だった母の姿が透けて見えた。


ところで私は、どこを旅しても、「ここにはもう来ないのかもしれない」という小さな寂しさが頭の片隅にある。親友が海の向こうに住んでいるからかもしれないし、多くの人と、名前や顔を憶えあい、また今度と永遠にごく近く別れてきたからかもしれない。いつのまにかそうなった。特に慣れ親しんだ国や街には「いつかこの地をこれが最後と別れる日がくるのか」と、関わった土地や人に、変な責任感を感じて堪らないときがある。


母は、最後に「こしき」」に帰ったとき、「もうこれで最後」と高らかに宣言し、すっきりした顔ですらあった。


今日、そのことをふと思い出して「お母さんは、こしきに帰らなくて寂しいなとか、思わないの?」と訊いてみた。前とまったく変わらない声で「ぜーんぜん」とあっけらかんと言い放つのが爽快で、笑ってしまった。「お母さんはここが楽しいからぜーんぜん帰りたいって思わない」のだそうで、とてもよかった。


一回も思わなかった、わけではないことを私は覚えている。母は忘れた。忘れられたことが、もう思わないのだということが、とてもいいと思った。私が抱えていた「いつか最後が」の種は、ぱちんと弾けて、消えた気がした。

あの日、ニジマスがシンクで飛んだ  2018.06.21


*これは、去年のFBに書いていた7月の日記なんですけど、自分で笑っちゃったニジマス日記です。この時お店に飾っていた花は2017年のベストでした:)


---


しつこく!今日の花たち。

お店にも同じ花々を飾っていて、お客さん来てきて!って思ってたら今日はたくさん来てくれました。たくさんって、3人だけど……でも、遠くは遥々平塚から。嬉しいな。


ところで昨日、友だちから急に「ニジマスいる?」とLINE。釣りに行ったらしい。反射で「いる!」と返信したものの、よく考えたら塩焼きしか浮かばないし、1人で塩焼きしないし、なんていうかニジマスの塩焼きは山側の食べ物というか……でもとりあえずニジマスたちは私の元にやって来たわけです。フットサル場の冷蔵庫で冷やされながら私の帰りを待つニジマスたち。



帰宅して、花かわいい花かわいいってフンフンしている間もうちの冷蔵庫には存在感際立つニジマスたち。くれた友人曰く「何尾とかわかんないけどとにかくすげーいる」らしいニジマスたち。


私は魚が捌けない。


うっかり「いるいるー!」って言っちゃったけど、最後に魚捌いたの5年くらい前だよ……魚屋さんでやってくれる〜☆つって味をしめてからは全部人まかせだったよ……ていうか一生で魚捌いた記憶がたぶん1回しかないよ!2回って言ったらなんか盛ってる気がするよーっ!!なんでかって怖いからだよーっ!!


でももう冷蔵庫からは無言のニジマスたちの圧……負けるものか!


ってことで、昨日は唐突に初めての南蛮漬けを作りました。「私のおじいちゃんは漁師!私のおじいちゃんは漁師!」何度も何度も号令をかけながら挑んだぜニジマス(たち)!!!!



もうね、8尾もいるの、ジップロックのなかに。えいやっ!と手を突っ込んでまず「ギャーーー!!!」ニジマスいるいるめっちゃいるー!!


しばし固まってたけど、思いついて目が合わないように「あー、死後硬直はじまってますねー、死因は…」とか医者の気になって声掛けながら、必死に気をそらすんだけど、やっぱなんかもうそこは私ただの素人だし、相手、魚だし内臓あるしで、ギャー!だのウォー!!だのヒィィィ!だの叫びながらようやく捌き終わったんだけど、たまにいるぬるっとしたニジマスが手から滑ってシンク上空を舞った時は卒倒するかと思ったよね。いい加減途中で「てかお前たちも簡単に釣られてんなよ!!」と、ニジマス相手に腹が立って来たところで、ここから唐揚げ…!真夜中に〜唐揚げ〜〜


結果、4人家族換算で2食分(つまり8人分?)の大量の南蛮漬けができました。さすがに食べきれないので、今日最後にお買い物して下さったお客さんちの夕食になりましたとさ♡


魚……秋刀魚の季節までには克服したいな〜(棒)

南蛮漬けは超美味しかったです!

ニジマスの前にお花の話  2018.06.21


*これは、去年のFBに書いていた7月の日記です。この日のお花がとんでもなく素敵だったのと、次の日のニジマスがシンクを飛んだ日記が自分で面白かったのでこちらに…!


---


(一応の)定休日が明けて、お店番。

その前にhappaさんに寄って、お店と家の花を買ってきた。お客さん、お店に生けている花もすごく楽しみにしているからね!


いつ行っても隅々まで平賀さんの審美眼(ていうかもう徹底的な花がすきっていう気持ち)で選ばれた花が並んでいて、大宮からhappaさんなくなったら私は困る。だいぶ困る。



今日はひらひらとしたクリーム色の薔薇の咲き方が可愛らしくて、よーしこれにしようって選んで、それからの花選びが、今日の私は天才だった。「超素敵だよ!ぜーったいかわいいよ!こんなに素敵な組合せ思いついてわたし天才!」ってぎゃーぎゃー言うのに苦笑されながら作ってもらった小さな花束は、今年いちばんシックで素敵な花束で、やっぱり平賀さん天才!!!平賀さんも気に入ったらしく、写真撮っていい?って言ってた。お兄さんだった平賀さんはおじさんになったけど、相変わらずかわいいもの好きでよいと思います。



明日、たくさんお客さん来てくれたらいいな〜。

こんなにかわいい花束は、いつも素敵だけどそれよりさらに!って思っちゃう花束は、そんなにないんだぞ、来て見て帰りに花買って帰って!っていう気持ちです。


花の世界にはまだかろうじての旬があって、そこに生産者のひとたちの愛まで重なってくるから、いつでも一期一会の組合せを楽しませてもらえて、私は幸せものだなぁ。ふんふんふーん!


ふんふんしてるけど、私はこれからニジマス(相当量あるらしい)を捌くのでどよーんです。目が会いませんように。美味しい南蛮漬けになりますように〜。

/ 1/379 / >>