水がめ座ダイアリー

遠くを思うことについて  2018.06.26


今日、twitterで知らない人が「今夜の夕飯は海老シュウマイとタコとわかめの酢の物」って呟いていて、無性に「タコとわかめの酢の物」が食べたくなった。一人暮らしではそんなに作ることがない副菜だから、そして出来合いの酢の物は甘すぎてあまり好きではないので、随分長いこと食べていなかった。


ひとりじゃ持て余しちゃうんだよな、と思った後で、そうか実家に帰ればいいのだと思いついて、唐突に夕食は実家で鯵フライ、なんと海老シュウマイ(を揚げたやつ)、いんげんの和え物、それから私の酢の物。


実家のソファーでくつろぐうち仕事から帰ってきた母に、思い付きで母の故郷をGoogle earthで見せてみた。下甑島という小さな離島の出身で、数年前に祖父の十三回忌が終わって以来もう随分長いこと帰っていないから、懐かしいかなと思って。


母はもう、自分の実家の番地も、電話番号すらとうに忘れて、写真を見せてもぴんとこないようだった。それでも海岸沿いの家の、階段を上がりきった防波堤からの海を嬉しそうに見て、iPhoneの小さな画面をすごいすごいと手に取って、少しだけ島の言葉を口にした。家の場所がおぼつかないから、「手打湾の、確かこの辺り…近くに諏訪神社ってあった?」と訊ねる。「あぁ、諏訪さま」と返ってきた声に、もう20年も前に亡くなった祖母の姿と、少女だった母の姿が透けて見えた。


ところで私は、どこを旅しても、「ここにはもう来ないのかもしれない」という小さな寂しさが頭の片隅にある。親友が海の向こうに住んでいるからかもしれないし、多くの人と、名前や顔を憶えあい、また今度と永遠にごく近く別れてきたからかもしれない。いつのまにかそうなった。特に慣れ親しんだ国や街には「いつかこの地をこれが最後と別れる日がくるのか」と、関わった土地や人に、変な責任感を感じて堪らないときがある。


母は、最後に「こしき」」に帰ったとき、「もうこれで最後」と高らかに宣言し、すっきりした顔ですらあった。


今日、そのことをふと思い出して「お母さんは、こしきに帰らなくて寂しいなとか、思わないの?」と訊いてみた。前とまったく変わらない声で「ぜーんぜん」とあっけらかんと言い放つのが爽快で、笑ってしまった。「お母さんはここが楽しいからぜーんぜん帰りたいって思わない」のだそうで、とてもよかった。


一回も思わなかった、わけではないことを私は覚えている。母は忘れた。忘れられたことが、もう思わないのだということが、とてもいいと思った。私が抱えていた「いつか最後が」の種は、ぱちんと弾けて、消えた気がした。

あの日、ニジマスがシンクで飛んだ  2018.06.21


*これは、去年のFBに書いていた7月の日記なんですけど、自分で笑っちゃったニジマス日記です。この時お店に飾っていた花は2017年のベストでした:)


---


しつこく!今日の花たち。

お店にも同じ花々を飾っていて、お客さん来てきて!って思ってたら今日はたくさん来てくれました。たくさんって、3人だけど……でも、遠くは遥々平塚から。嬉しいな。


ところで昨日、友だちから急に「ニジマスいる?」とLINE。釣りに行ったらしい。反射で「いる!」と返信したものの、よく考えたら塩焼きしか浮かばないし、1人で塩焼きしないし、なんていうかニジマスの塩焼きは山側の食べ物というか……でもとりあえずニジマスたちは私の元にやって来たわけです。フットサル場の冷蔵庫で冷やされながら私の帰りを待つニジマスたち。



帰宅して、花かわいい花かわいいってフンフンしている間もうちの冷蔵庫には存在感際立つニジマスたち。くれた友人曰く「何尾とかわかんないけどとにかくすげーいる」らしいニジマスたち。


私は魚が捌けない。


うっかり「いるいるー!」って言っちゃったけど、最後に魚捌いたの5年くらい前だよ……魚屋さんでやってくれる〜☆つって味をしめてからは全部人まかせだったよ……ていうか一生で魚捌いた記憶がたぶん1回しかないよ!2回って言ったらなんか盛ってる気がするよーっ!!なんでかって怖いからだよーっ!!


でももう冷蔵庫からは無言のニジマスたちの圧……負けるものか!


ってことで、昨日は唐突に初めての南蛮漬けを作りました。「私のおじいちゃんは漁師!私のおじいちゃんは漁師!」何度も何度も号令をかけながら挑んだぜニジマス(たち)!!!!



もうね、8尾もいるの、ジップロックのなかに。えいやっ!と手を突っ込んでまず「ギャーーー!!!」ニジマスいるいるめっちゃいるー!!


しばし固まってたけど、思いついて目が合わないように「あー、死後硬直はじまってますねー、死因は…」とか医者の気になって声掛けながら、必死に気をそらすんだけど、やっぱなんかもうそこは私ただの素人だし、相手、魚だし内臓あるしで、ギャー!だのウォー!!だのヒィィィ!だの叫びながらようやく捌き終わったんだけど、たまにいるぬるっとしたニジマスが手から滑ってシンク上空を舞った時は卒倒するかと思ったよね。いい加減途中で「てかお前たちも簡単に釣られてんなよ!!」と、ニジマス相手に腹が立って来たところで、ここから唐揚げ…!真夜中に〜唐揚げ〜〜


結果、4人家族換算で2食分(つまり8人分?)の大量の南蛮漬けができました。さすがに食べきれないので、今日最後にお買い物して下さったお客さんちの夕食になりましたとさ♡


魚……秋刀魚の季節までには克服したいな〜(棒)

南蛮漬けは超美味しかったです!

ニジマスの前にお花の話  2018.06.21


*これは、去年のFBに書いていた7月の日記です。この日のお花がとんでもなく素敵だったのと、次の日のニジマスがシンクを飛んだ日記が自分で面白かったのでこちらに…!


---


(一応の)定休日が明けて、お店番。

その前にhappaさんに寄って、お店と家の花を買ってきた。お客さん、お店に生けている花もすごく楽しみにしているからね!


いつ行っても隅々まで平賀さんの審美眼(ていうかもう徹底的な花がすきっていう気持ち)で選ばれた花が並んでいて、大宮からhappaさんなくなったら私は困る。だいぶ困る。



今日はひらひらとしたクリーム色の薔薇の咲き方が可愛らしくて、よーしこれにしようって選んで、それからの花選びが、今日の私は天才だった。「超素敵だよ!ぜーったいかわいいよ!こんなに素敵な組合せ思いついてわたし天才!」ってぎゃーぎゃー言うのに苦笑されながら作ってもらった小さな花束は、今年いちばんシックで素敵な花束で、やっぱり平賀さん天才!!!平賀さんも気に入ったらしく、写真撮っていい?って言ってた。お兄さんだった平賀さんはおじさんになったけど、相変わらずかわいいもの好きでよいと思います。



明日、たくさんお客さん来てくれたらいいな〜。

こんなにかわいい花束は、いつも素敵だけどそれよりさらに!って思っちゃう花束は、そんなにないんだぞ、来て見て帰りに花買って帰って!っていう気持ちです。


花の世界にはまだかろうじての旬があって、そこに生産者のひとたちの愛まで重なってくるから、いつでも一期一会の組合せを楽しませてもらえて、私は幸せものだなぁ。ふんふんふーん!


ふんふんしてるけど、私はこれからニジマス(相当量あるらしい)を捌くのでどよーんです。目が会いませんように。美味しい南蛮漬けになりますように〜。

パイナップル色  2018.06.20


盛大に雨が降っています。うっかり窓を開けたまま寝てしまって、朝、とんでもないことになっていました。明け方、雨音が心地いいなと微睡んでいたあの時に起きればよかった……!



旅から帰ってきて早寝早起きが割と定着して、以来朝ごはんが毎日の楽しみのひとつです。rytasのお店の名前は「明日の朝が楽しみになるように」が由来しているのに、私はこの20年くらいすっかり夜型人間で、朝ごはんは昼ごはんと抱き合わせだったのですが…ですが!




自分のことをロングスリーパーだと思い込んでいたけれど、実は「睡眠のゴールデンタイム」の22時から26時の間に寝ると、3時間くらいの睡眠で足りてしまうことがわかって(強烈)、以来、4時半くらいに起きています。3時間しか寝ないと、寿命縮まったらやだなと思って、3時くらいに目が覚めちゃうのを無理やりもうひと眠りして。


それで、4時半に起きてもヒマなので…何もしないと超ヒマなので……朝からジャムを作ったりしているわけです。

この日作ったのは、ゴールデンキウィとパイナップルのジャム。色が綺麗で、ヨーグルトは美味しいし、市販のジャムより甘くなくて、自家製ジャムって素晴らしい……!



ジャムを煮る途中、掬ったアクは取っておいてパイナップルシロップのジュースにしました。甘くて美味しくて、幸せの味!


これから季節はプラムの頃。プラムも、綺麗な色のジャムになるから作ってみようと思います。


ハッ!宣伝です!明日の21時から、Online Shopでは「ロマンティックなガラスとレース」の特集が始まります。


早起きになった店主のやる気はますます天井知らず!ヨーグルトとジャムをよそうのにぴったりなガラスのガラスも並ぶので、どうぞお楽しみに…!大宮のお店には、ヨーグルトカップに適した美しいガラスのミニカップを並べます。ごめんなさい、撮影には間に合わなかったので、またinstagramで紹介しますね。気になる方はお気軽にお問合せくださいませ:)

今日を過ごす  2018.06.19



昨日の突然の地震、関西出張の時にお世話になった方々やお客さまのことが思い出されて、今も不便な時を過ごされているかもしれないと胸が痛みます。

東北大震災のとき、しばらく続いた余震で気が滅入りそうになったこともありました。余震が早く収まってくれたらいいと願うばかりです。そして少しでも早く、ガスや水道などライフラインが復旧して、少しでも安心して過ごせる日が早く戻りますように。


忙しくてすぐに非常時のことを忘れてしまいがちですが、改めて防災用品の見直しをしました。テレビで水を汲みに行く女性たちの姿、手にあらかじめ用意されていたらしいボトルを持たれているのを見て、防災意識の高さに気を引き締める思いです。


私にできることは、と考えて、読み物、読み物、またちょろっと読んで、ほっとできるようなことを書いていけたらいいなと思いました。


関東の皆さんは、今日は今週いちばんの洗濯日和だそう!盛大に洗って干して、今日を健やかに過ごせますように。自分が元気じゃなくちゃ、誰かのことも考えられなかったり、

しますよね。

最近、今日一日を素敵な日にするっていう気迫を持って過ごすっていう呟きを目にして、なかなか気迫を持つって難しいときもある、あったんですけど、持つ!と思って試しているこの頃です。でも、怖さの中にいる方々には今は難しい、少し揺れただけでビクってなる時だと思うので、本当に少しでも早く余震が収まってくれるように、いちばんに思います。

日本に生きるって、なかなか大変。でも、いまここに生きることは、とりあえずの今は変わらないから、ゴーゴー!わたしたち!


Hello my first film camera!!  2018.06.15


梅雨!超梅雨!紛うことなき梅雨ですね、今わたしは上野行きの電車に乗ってこれを書いています。乗客がいないのをいいことに、さっき甘夏生クリームのサンドイッチを食べました。メルヘン、最高だよ……


さて、書こう書こうと思っていたカメラの話!です。

5月のノルウェーの旅を良い機会だと、長く憧れがあったフィルムのカメラを買いました。最初はコンパクトカメラにしようと思っていたのを、色々とご縁が重なって手にしたのは「NIKON F3」というフィルム一眼レフ。

https://sunset-camera.com/2017/02/02/nikon-f3/ 


フィルムカメラにも一眼とコンパクトの違いがあることすら知らずに飛び込んだ先は、日暮里の「三葉堂寫眞機店」 。カメラ好きの男性が集まって作ったという、すごく楽しいカメラ屋さんです。ちなみにこちらを紹介して下さったのは、戸越銀座の「フォトカノン」。どちらのお店も、働いてる方が自分の仕事を愛してる顔をしていて、すごく好きだと思いました。それで、フィフムカメラの楽しさを教えて頂いた!と思って今日はいっちょ噛みに熱く書いちゃうよ!…ってわけです。






…と言っても、そんなに書けることはないんです。詳しいわけではなくて、フィルムカメラは超初心者なので……でも、これまで10年以上デジカメやiPhoneのカメラを使ってきたのと、まったく違う体験だってことはわかりました。


構図を決めて、光を調えて(これがまだ全然できない)、シャッターを切る瞬間は何度切っても緊張感があって……「時間」と「空気」をシャッターを切ることでフィルムに閉じ込めるような感覚が本当に新鮮で、何度でもときめきました。




↑みのむしアーネ


そして、デジカメやiPhoneならどんな風に撮れたかその場で確認できるし、何度でも撮り直せるけれど、フィルムカメラは現像するまでわからないのも、やっぱりフィルムに時間を閉じ込めたような感覚にさせてくれました。


実際、旅の間に撮った11本のフィルムを出したのは(1本失くしたので出したのは10本ですが…泣)帰国後、数週間経ってから。


それまで、ちゃんと撮れてるのかなって毎日ドキドキ思い出して、受け取りの日は初めての現像がどうなるのか怖くて本当に手に汗握って……待ちきれなくて電車の中で写真を目にした瞬間、いい写真がある!って思えた瞬間は、誰の目にも怪しいくらいにやにやしていたと思います。




こんな風に、間違えて二重に撮影してしまったのもあったり、うっかりフィルムを戻し切らないまま蓋を開けて感光してしまった写真もあったけれど、全部が宝物のように感じられました。


そう、フィルムのカメラって、忘れていた宝物を見つけたみたいなときめきがあって、それから過ぎてしまった時間をもう一度手元に手繰り寄せるような、そんな感覚がたまらなく素敵なんだと思います。


残念ながら、フィルムカメラ自体や、見知らぬフィルムカメラの先輩たち曰く「良いフィルム」の生産中止が続いていて、先細り市場と言われて久しいけれど、偶然教えてもらって知った先述の二店を始め、消えかけている世界への情熱を持ってお店を構えている方がたくさんいることも知りました。みんな、「ようこそ、この楽しい世界へ!」って言ってくれるみたいに温かくて優しくて、すごいなぁって思います。


rytasのお客さまの中にも、昔フィルムカメラやってたよ!って方、多いのではないかな?と思って、今日は書いてみました。


↑いっちょ噛み店主の自撮り!


以下、敬称略で今回お世話になったお店を紹介します。


日暮里の「三葉堂寫眞機店」は、常連らしきお客さんも3人の店主さんもすーーーごく丁寧にカメラやレンズについて教えてくれました。フレンドリーで、わかりやすい説明に、安心して初めてのカメラを選ぶことができたのな、と思います。

https://www.mitsubado.com 


現像に出したのは、友人に勧めてもらった戸越銀座の「フォトカノン」。最初は「Natura Classica」というコンパクトカメラがあったらいいな、と思って訪れたのですが、現在はフィルムの現像で大人気で、カメラの販売は少なめとのこと。でも、ものすごく忙しそうだったのに迷える仔羊状態と推察してくださったのか、何も買わない私に色々とアドバイスをくださったのがありがたかったです。何よりフィルムの現像について丁寧に教えてくださって、初現像は大満足の出来上がりでした。

http://www.photokanon.com 


どちらのお店でも定期的に撮影関係の楽しいイベントをされていて、私もいつか参加してみたいな、と思っているところ。


もしフィルムカメラに興味があったら、もう是非明日から始めてほしい!っていうくらい、私は楽しい体験ができました。しばらく続く買付け日記でも、少しずつ旅の記憶を掘り起こしながら紹介していこうと思います。


では、帰る!(今日は習い事で蔵前に来ていたのでした〜)


Trip Journal 05 from Stockholm  2018.06.15


ストックホルムの後半戦!

午前中からお昼過ぎにかけてロッピスであれこれ見つけた後、お昼は時間が取れなかったから移動しながら林檎を囓り、午後は馴染みのディーラーさんのところへ。



去年の5月以来、こんなに顔を見せなかったのは初めてで、たぶん心配してるだろうなと思って。心配というか、会うのを楽しみにしてくれていてこっそり静かに顔を出して「ヘイヘーイ!」って声をかけたらおじちゃん2人にめちゃくちゃに抱きしめられました。でもやっぱりものすごく心配していたみたいで、安心してもらえてよかったよかった。ものすごーく沢山仕入れて、最後にいつものように「人生の話をしよう」って沢山話して、珈琲飲んで今帰るところ。お会計してもらってる間にベジの食べ放題で食べ過ぎて、ふらふらしています。帰ったらアーネをギュッてする番!



今回もたーくさんいいものを用意して待っていてくれたけど、こんなスウィングひよこも。イースターの名残りですね。マグネットを仕込んであって、ゆらゆら揺れるのです。時に、けっこう激しく(笑)。


他にも乙女な雰囲気漂う小さなグラスや、「子ども時代の写真にこんなのが写り込んでいたらいいなぁ」って思うベビーカーに取り付けるゆらゆらオモチャなど、とってもいい仕入れができました:)


さぁ、明日は再びヨーテボリへ!

今日の朝ごはん  2018.06.08


08-Jun-18 | Memo

おはようございます🌞
昨日に続いて梅雨が近づいていることを忘れてしまいそうな青空。今日も洗濯日和ですね。
朝ごはんをもりもり食べて(これ、ひとり分です…笑)、大宮店では前半をスタッフの岩野が、後半14時くらいからオーナーの渋谷がお店番です。


先日もダイアリーに書きましたが、この春から朝ごはんに「フルーツポリッジ」をよく食べています。写真の左上に写っているのがそれで、すっごく腹持ちが良くて、モチモチ、カリカリと歯応えも良くて、みんなにオススメしたい!


あとは、パプリカが安い日にまとめて買ってくし切りにしておいて、目玉焼きを作るときにアボカドなんかと一緒にオリーブオイルでじりじり焼いて塩胡椒だけで食べるのもはまっています。焼いたアボカドはめちゃくちゃ美味しいので、皆さま、ぜひ♡

昨日はOnline Shopを更新しましたが、今日はお店に何を持って行こうかな…?と、これからちょっと家事をやって、またInstagramとfacebookでお知らせします!

ちなみにこの写真に写っているお皿やグラスはお店にも並んでいたヴィンテージのもの。ミニマルなテーブルも憧れますが、こんな彩りに溢れたテーブルも好きです。朝から元気な気持ちになっちゃう!よし、今日は週末を楽しむためのテーブルウェアを中心に探して持って行こう!

Trip Journal 04 from Stockholm  2018.06.08


昨日、緊張しながら早めにベッドに入って、

早朝5時台の列車に揺られてストックホルムへ遠征に来ました。夏至に向かって日毎に夜明けと日暮れの感覚が開いていく季節。眠い目をこすりながら朝ごはんを列車のなかで済ませて、やっぱりうとうとするうちにあっという間にストックホルムに到着です。今夜はゆうみさんのおうちに1泊だけ泊まらせてもらいます。



予定していなかった遠征を決めたのは、年に数回開かれる大きなロッピスを覗くため。体育館のような場所で催されるこのロッピスは、どこかのんびりとしていて、でも必ず良いものが見つかる、お気に入りのイベントなのです。入場料(40krだったかな?)を払ったら、手の甲にスタンプを押してもらっていざ参戦!



ほら、こんなのが見つかってしまう!…と早速嬉しい気持ちにさせてくれた、ダックスフントの形のガラスボトル。これは嬉しかった…おじいちゃんから買い求めましたが、このブースでは他にもすっごく良いものが見つかったので(しかしまだ開梱していない段ボール箱の中にあるので)、また紹介しますね:) あぁかわいいなぁ、きらきら光りを集めるダックスフント。



ちょっと珍しい、スーホルムの鳩のオブジェや……



うわぁ!もうこれ、絶対宝物入れでしょう…!!って思った陶器の小物入れ。

どんな人が作ったんだろう、この可愛いものは!!私は本当は、探す能力よりデザインする能力があったらどんなによかったろうか…と思ったりします。あとやっぱりこんな素敵なものに出会うと、手放すのが惜しい気持ちがもちろんあって、本当に心を鬼にして毎回特集用にセレクトしています…しんみりしてしまう…。



他にもあれこれ、バックパックぱんぱんに選んで、いったんゆうみさんのお家に荷物を置かせてもらってから、続きはストックホルム市内のお馴染みのディーラーさんのところへ。続きはまた明日:)



Trip Journal 03 from Malmö  2018.06.06


27-Apr-18.

今日は、昨日梱包した荷物を郵便局へ出して、午後の列車でヨーテボリへ。天気予報が外れてくれて、嬉しい。朝のうちに50分くらい走ってきました。マルメにゆっくり滞在するのは初めてで、いつも慌ただしく2泊くらいして過ぎていくだけの街を走ったらたくさんの発見が。

大きな池がある公園のことは初めて知ったし、そこに白鳥が飛来していることも知らなかったなぁ……。


宿の朝食はどこも1000円くらいするので、いつもコンビニの林檎とかヨーグルトとかで済ませちゃうところを、今回からフルーツポリッジ作れるように簡単な準備をしてきました。持ち歩いているのはオーツ麦とドライフルーツとナッツ。
春に、リトアニアから来て我が家に滞在していたミンガイレが作ってくれたのが美味しくて、以下、簡単なレシピ(これでだいたい2人分)です。

・オーツ麦 1カップ
・水2カップ
・ドライフルーツ(クランベリー、ブルーベリー、林檎、パイナップルなど)半掴み
・ナッツ(アーモンド、カシューナッツ、くるみなど)半掴み
・バナナ1本
・お好みでメープルシロップ

1)鍋にお湯を沸かして、オーツ麦を入れる
2)充分に膨らんできたら(水分が飛びはじめたら)ドライフルーツと、輪切りにしたバナナを入れて混ぜる
3)お好みでメープルシロップを大さじ1くらい回しかけ、皿に盛る
4)ナッツを乗せて、召し上がれ〜🥄

フルーツの酸味とバナナの甘み、ナッツの歯ごたえが楽しくて、毎日飽きずに食べてます。最近はレシピに更なる手を入れ、水の代わりに水出しのシナモンティーで作るのがお気に入り。それから(2)のドライフルーツは、最近カルディで見つけたドライフルーツ&ミックスナッツを最後に(4)のタイミングで盛り付けるのが好きです。



この足でずーっと働いていくんだ!ってことで、2018年の健康テーマは筋力アップ。ヨーテボリでも走れたらいいな。

/ 1/34 / >>