水がめ座ダイアリー

05-11-06|ブダペスト3日め  2005.11.06

051105_c

今日はプラハ行きの夜行チケットを取ってきました。
いよいよこの旅最大の難関を迎えようとしております!
夜行列車、怖いよー、いろんな噂を聞くよー!

同室になったジニィたちとは仲良くなったというか、
もう打ち解けて楽しい時間を過ごしているわけだけど、
別の部屋のドイツ人の5人組のことを嫌っているらしく、う、う、うーん…という感じ。
まぁ私は関係ないんだけどさ、でもたぶんドイツ人女子たちが自分たちをバカにしてる、と思ってるんだな。
そう思って見ると、何もかもが苛つくようで、でもそれってもったいないことだよーと思う。
最初に壁を作ってしまったら、繋がるところも繋がらないし、
せっかくこの1つ屋根の下で出合ったわけだから普通に接すればいいのになぁ。
もっとつるりんと行こうぜ!と、あとtimidはもったいないよ、思っているようなことは何もないと思うよ、ということを話した。

よくわかんないけど、こういう外国の地で他国の人と会うときは、
自分の振る舞いが自分の国のイメージを決めるのでは?と思う。
ので、私はポライトでいよう、と自分に決めているんだけど、でもまぁ、ひとそれぞれってことで!

で、同じアジアだからか、ラーメンをくれた。晩ご飯に。美味しかったー、ラーメンご飯。
そのあと「写真を撮りに、名所めぐりをするよ」と誘われてついてったんだけど、
いやもうこれが大変で…。うち1人がカメラマニア(?)で、三脚まで持ってるんだもん。
しかも、全部ポーズを決めなきゃいけないの!
「もう少し右」とか「手を腰に」とか、すごい面白かったけど、最後は寒さでガクガクしてきたよ…笑。
でも、speedごっことかやって、楽しかったです。
ジニィたち、明日はイギリスに帰っちゃうんだなぁ…寂しいなぁ…。
ちょっとくらい、ドイツ人たちとのけんかが収まるといいなぁ…。

05-11-05|ブダペスト2日め  2005.11.05

051105_a 051105_b

蚤の市に行って大ハッスル!の1日でした。
特にエチェリの方は本当に良かった。あーびっくりびっくり!
ハンガリーのガイドブックを抱えたベアーは、あーんまり可愛すぎて、
う、う、売れない…(註:後日並べました)。マンボッ!
そしてハリネズミの灰皿。これは…これも…どうしたらいいんだーーー!マンボマンボッ!

今日の夜は、歩きながら、急にうまくやっていけるかどうか不安になってしまった。
今回買付けたもので、きちんと試算通りの結果を出せれば次がある。
でももし達成できなければ……?

そんなことを考えながらトボトボ帰ったら(雨が降っていたのもよくなかったな)、
新しいルームメイトが到着していて、3人の韓国人でした。
たーくさん喋ったら暗い気持ちがどこかに吹き飛んで、すっかり忘れることができたのでよかった。
まぁ、考えなきゃいけないことに変わりはないんだけど…。

晩ご飯はケバブを食べました。こっちでの生活は野菜不足になりがちだから、
「キュウリ沢山くれ!!!」(日本語)と言ったら通じたらしく(通じるか!)たっぷり盛ってくれた。
嬉しーい、どうもありがとう、謎のおじさんたち!
日本人って童顔だから、こういうときちょっと得なのかもなぁ。
しかも私も子どもっぽいしなぁ。ありがたやありがたや…。

05-11-04 | ブダペストへ  2005.11.04



7:15の列車に乗るため、朝早くにチェックアウト。
歩いて行くつもりはなかったのに、結果的にほとんど歩いてしまった。

列車は15分くらい遅れていて、ホームを端から端まであちこち見て歩いていたら、
スタンドで朝からビールを飲んでいるおじさんたちを発見。
写真を撮らせてもらって少し話していたら、そのうちの1人がウォッカをおごってくれた。

ワーオ!!(飲めないッ)



色々話すうちに途中まで一緒に行こうということになって、4人でコンパートメントへ。
3人ともすごく優しくて、陽気で、チェキで撮った写真をそれぞれにあげたらすごーく喜んでくれた。
お酒をおごってくれたのがKAROLで、細い人がPETER、大きい人がLACO(ラツォ)。

私はKAROLの隣に座って、わいわい4人でずっとお喋りしている間に、窓の外の景色がぐんぐん流れていった。
もちろんスロバキア語なんて話せないし、英語が通じる訳じゃない。だってFISHとか、通じないんだ!
でも、日本語とスロバキア語と、絵と、身ぶり手ぶりで、
私が韓国経由でプラハ→ウィーン→スロバキアと移動してきたことは伝わったし、
いつ帰るんだ、とかスロバキアの人は優しかったとか、そういうのも話せたし、
要は気持ちなんだと思う。楽しいとか嬉しいとか、好きだとか、そういうの伝わると思う。

私の名前はのりこです、と教えると、スロバキア語なら「NORIKAだ」と、スロバキアの名前をもらった。

お腹は空かないのか?と聞かれて、ハンバーガーあるよと答えて、
じゃあ早く食べなさいと勧めてもらって、むしゃむしゃ食べる私をにこにこ、
まるで子どもでも見るみたいに見つめる3人のおじちゃんたち。
半分残すと、もっと食べなさいと、たぶん言われて、
でも太っちゃうよー!と答えると3人してビール腹自慢を始める。
一言も通じなくても、気持ちとか思いは全部伝え合えたんだと思うと、コミュニケイトとは?とか考える。
よくわかんないけど、スゴイッって思うし、幸せだーっ。
4人でこんなに沢山話して、こんなに楽しいことがあるなんて!

2つめの駅でKAROLと別れて、車中でも何度もかわいいかわいいと頬を寄せていたKAROLは
列車を降りても何度もキスを投げて見送ってくれました。
それからPETERとLACOともお別れ。
楽しい時間をどうもありがとう、陽気な3人のおじちゃんのことが一瞬で大好きになった。おじちゃん!おじちゃん!

 

3人と別れてからは、広いコンパートメントで1人、寂しいから歌を歌って過ごした。
歌ったのはアッコちゃん版の「椰子のみ」。いい歌〜。
車掌さんの写真を撮らせてもらえたり、国境越えではSTAMPも増えて、
場所も選ばせてもらえて、幸せ!…とそうこうするうちにブダペストに到着する。



ハンガリーは、というかブダペストは大都市に近い感じで、ブラチスラバの人たちとはまた違う雰囲気。
でも困っていると手を差し伸べてくれたり、嬉しくなることは相変わらず沢山。
カトリーナホステルは、古いアパルトマンの最上階で、
廊下のタイルやアラベスク模様のような格子、気持ちよく吹き抜ける空間がいい。
世話をしてくれる男の子がいつもはにかんだ笑顔の可愛い人で、おっと、弱そうな人に弱いワタシがひょこ。

ここではAUCHAINに行きたかったのだけど、知ってるか尋ねたら、なんと場所と生き方を知ることができた。
4か6のトラムで終点まで行って、40のバスでゴー!…と思ったら、なんと更にバスの終点。 ワォ。
遠くに見えるのはー、山ではないですかー、私の見まちがいでしょうかー…。
すっごく遠くてビックリしたけど、可愛いものが沢山見つかったし、
IKEAにも行くことが出来たのでよかった。AUCHAINでかっ!

IKEAでは自分用の雪柄のシーツとピローケース、
そして未来の子どもにとアホな感じの、リスの絵柄のシーツなどを。
リスが歌ってるよ、踊ってるよ、すごい可愛い…。

夜は同室の子たちと飲みに行って、一生懸命おしゃべりして楽しかったです。
英語、もっと話せるようになりたい!
そうそう、BBSに書き込んでくれたmasahiroくんとは、ウォンバットで出会った男の子でしたー。

 オマケ

2005-11-03 | ウィーンからブラチスラバへ  2005.11.03

 

バスでスロバキアの首都・ブラチスラバに移動です。
田舎道をひたすら走りまくるバス…ゆーれーるーのー。
途中、家の窓から外を眺めていたおばあちゃんが可愛かったなぁ…。
国境を越えて(スタンプくれなかったよ…)いよいよブラチスラバに到着です。
今日は(あ、すごい渋滞だ)(バスが古いー!)日本に荷物を送
(註:ここで途切れていましたが、送るぞーと思っていたのは覚えています)

ブラチスラバに着いてバスを降りるときに、となりに座っていた老夫婦が
「私たちは今夜ウィーンに戻るから、その手紙、出してあげるよ」と声をかけてくれました。
そう!バスに乗ったときに、みんなへの手紙を出し忘れたことに気が付いたのです。
せっかく余裕をもって出たのに…。
まわりを見回してもポストらしきものはなくて、もうスロバキアから切手を貼り直して出すしかないなぁ…
と思っていたのに、その様子を見てきにかけていてくれたみたいで、本当に本当に嬉しかった!
「お願いします」と預けてから少し話すと、だんなさんはフィンランド人、奥さんはロシア人だそうで、
うーん、なんともヨーロッパらしい婚姻だねぇ…。
写真を撮って一枚は渡して、私もビデオに収まりました(えへへ)。本当に嬉しかった。

その後も、どこへ行っていいかわからないでいたら、
道を尋ねたおじいさんが具合の悪い足をひきずりながら一緒に着いてきてくれて、
すごいなぁ、温かい国だなぁ…!私も日本で何かあったら返したい!

なんとか歩いていくと、今度は前に日本人の女の子が。
思いきって声をかけてみると、とても人なつこい子で(私が言うか)、なんと同じユースホステルだと判明。
一緒にユースまで戻ってくれて、道すがらいろんな話をしました。
奈々子ちゃんという子で20歳!若い!!

私がここへ来たいきさつを話したらすごくびっくりしたみたいで(我が道キャラと命名を受ける)、
会ってたったの2時間くらいですごーく仲良くなって、恋愛の話だの就職の話だの、さびれた駅のカフェテリアで延々話した。

別れ際に「のりこさんて素敵な人ですね」(註:強制してません!いや、したかも!)と言われて、
ドキドキしてしまった。そういうことをさらりと言える素直さこそ、素敵なことでは、と思う。
奈々子ちゃんありがとう。

彼女は大学の休みを利用して旅をしていて、最後にはなんとブルガリアまで行くらしく、
途中にあるという「ゆかいな墓場」を見たいそう。
なんだろうー!気になるなぁ、それ!!

奈々子ちゃんと別れてから(写真を、たーくさん撮った、面白いやつとか駅の人のとか)
私もブダペストまでの切符を買って、なななんと414SK。ユーロ換算で10.4ユーロ。
えぇー!遠いのにー!とたまげる。恐るべし、東欧の物価…。
今のところ交通費は550Kc(2500円)+3.9ユーロ(553円)+414SK(1450円)。
合計4550円で、こうなるともう東欧レイルパスって何のためにあるんだろう。18900円もするのにさぁ!
あとはbudapest→pragueまでの切符代が気になるところ。



さて、奈々子ちゃんを見送り、切符を買ってからは一路TESCOへ!
…のはずが、思い立ってひつじのマークがかわいい雑貨屋さんに入ってみた。
そしたらこれが大正解で、丸底とだ円底の「おばあちゃんカゴ」を発見!
もう、これが可愛いのなんのってよぅ…。
大きさのことを忘れて2つ買いました。買ってしまいました!
うれしいなー、うれしいなー。

しかしそこで私は気付いた。
「2個ももってたらTESCOに行けない…」
というわけで、そこに置いてもらえないか交渉してみることに。

まず、「PATIO HOSTEL(註:私が泊まったホステル)知ってる?」と聞いてみて、
道を教えてくれようとした(つまり知ってる)ので、でかした!と、
「私(トントン)、PATIOで、寝る、泊まる(グゥグゥ)。」
「今から、TESCO(あっちあっち!)行く(てくてく)。なので、これ(カゴを指す)ここに置いて下さい(床を指差す)」
「TESCO、ここ、PATIO、取りにきます」ALL にほんご。

そしたら完璧に通じて、いいよーとにっこり笑顔をもらった。わーい!
ふんふんふーん♪と一路TESCOへ。
その前に文房具問屋で封筒と伝票を仕入れて、あぁ、可愛いわ…よかよか。

TESCOではおばあちゃんのカゴやきのこ、花、星、ホースシュー、トランプ…など
いろんな形のクッキー型を買って、ホクホクHOSTELに戻りました。らららー。
(段ボールも手に入れた! ビ・バ・に・ほ・ん・ご!)




しかし。宿に戻ってからが大変で、もらったダンボールに一生懸命つめて、なんと10キロ!
それをえっちらおっちら、やっと運んで、重量制限に備えて一応ふたを閉めないで行ったら、
窓口のおばちゃん、激怒。だって、勝手がわからないからさぁ…ごめんよ…。
その後も怒られ続けて(本当に怖かった!)ビクビクしながら無事完了…。
日本人がみんな私みたいにトロイと思われたらどうしよう、と思って、一応後ろの人に(人っていうか、もう人々)
ポライトな姿勢を見せたものの、うーーーーーん…。でも日本語しか使わなくってなんとかなるものだ。



ブラチスラバは特に何もない小さな小さな街。けれど、とにかく人々が優しかった。温かかった!
何度も助けられ、「プレパーチチェ」と「ジェクイェム」ですべて上手く行った。有り難いことだ。
そうそう、日本への送料は1370SKでした。ひぇ〜!



さて、ここでは「ラブレターフロム…」を25人分出しました。よくやった、私!でかした私!
これで1/3が終了。みんな無事に受け取ってもらえますように…!
スロバキアからは可愛らしいハガキを送れたので良かった良かった。
ウィーンのも、ちょっと間抜けで好きだけど、後はハンガリーとー、プラハー!
楽しいなったら楽しいな♪タラタラター。



オマケ。ハローハロー!

2005-11-02 | ウィーン2日め  2005.11.02



オハヨウゴザイマース!朝はーモーニングショットー、わいわい。
(註:くっだらないこと書いてすみません…)

昨日も安さに驚かされたEUROLINEに、また!やられました。
ブラチスラバまで3.9ユーロ。すごいなぁ、本当にビックリです。
日本でユーロパスやチケットを購入してたらこんなに安くはいかなかったよね。
---
と、ここまで書いたところで前に座っているおじいさんが「不思議だねぇ…」みたいなことを話し掛けてきた。
ふと見ると右に座るおばあさんもニコニコ見ている。
ペンを持った手で、空中で文字を書くジェスチャーをして「これ?」と聞くと「うんうん」とにっこり頷く。
そうだよね、日本語は世界の中でも珍しい方の言語だもんね。
「さようなら」と言って別れました。さようなら、おじいさん、おばあさん。
私はさっきすごい安いチケットを買ったんですよ。そいで、次はシュテファン駅に行くのです、たぶん。

[ a la nuit ]
今日は素晴らしい!素晴らしいです!!
食費がかかっちゃったけどー、ネットもちょっとやっちゃったけどー、でも沢山の可愛い雑貨を見つけました。
書きますッ書きますよー!(註:…とここで買付けたもののイラストが10個くらい書いてあります)

今日で3晩め。
実際歩きはじめてから2日だけど、とにかく今日不思議に思ったのが時間の流れ方。
例えば「いま3時頃かな、いや4時近いかも…?」なんて思っても実際には2時過ぎ(!!!)だったりして、
えぇっ!って思う。それだけいつも流れの速いところにいるんだ。
「もう○時」が「まだ○時」。これって、本当にびっくりするんだよ。

今日面白かったのは3時過ぎに「IL TEMPE」という、時計がモチーフのカフェに入ったときのこと。
一日中、あとちょっと、もう少し頑張ろう…と思って何も食べずに歩き続けたからすーんごくお腹がすいていて、
エスプレッソよりオレンジジュースが飲みたくて、まず一杯注文。
でも出てきた途端にたまらなくなって、一気飲み!!プハーッ。
それで「す、すみませーん、もう一杯…」って頼んだときのお姉さんの顔が仰天していて笑った。
そりゃ驚くよねぇ、うんうん。
「朝から何も食べてなくて…」と言ったら「それは大変!」と急いで持ってきてくれて、そしてとても美味しかったです。
お姉さん、どうもありがとう。
今左の方の席に在住者らしき日本人がいて、楽器の話をしています。さすが音楽の都・ウィーン。

はじめ、ウィーンに対して全く期待を寄せていなくて、むしろ多く取り過ぎたかなぁ…って反省していたのに、
歩き回ったら、アンテナに引っ掛かるようないい雑貨に沢山巡り会うことができた。

ていうか、ダメだ。この仕事をするのなら、本当にとことん歩き回らないと。
「これくらいでいいかな?」って引きそうになる線を、もう一歩踏み込むこと。これ、かなり大切。
明日はブラチスラバだ。頑張ろう!7:30出発です!

05-10-31  2005.10.31




久しぶりの「のりこのノート」は機内にて!今日から東欧4ヶ国を回る買付けの旅に出かけます。
旅のお伴?お供?は星野道夫『ノーザンライツ』。
すぐ読み終わるかな…と思いきや、そうだ、DM書きでバタバタなんだ…(笑)。

(食事後です)うぅーーーー、今日はすごく揺れたなぁ…怖かったよ。
隣の席の方はドイツ人。フランクフルトまで行くそうです。いいですねぇ。
時計がないので、いちいち何時かわからなくて不便なり。スウォッチ買おうかな!買っちゃおうかな!!
AMEXのT/Cを1600ユーロ分用意しました。キャー!大金よー!!
今からちょっとずつ旅の計画を練ります。

[INCHON→PRAGUE]
旅の計画ってなんだ…?ぐうすか眠っているうちにビビンバタイムになりました。
(註:KOREAN AIRではビビンバが出ます)
L'OCCITANEで乳液を買いました。あとスウォッチ!黒です、可愛い…。

窓の外を見下ろしたら、小さな村がぽつぽつとあった。
星野さん…中学生のときの星野さんとたぶん同じ気持ちを味わいながら不思議な気持ちになる。
どうやって、どんな風に生活しているんだろう。交通手段は?食べ物は?
今広がっているのは雪景色。真っ白な、きっと解けるまで誰にも汚されることのない白。

今眼下に広がるのは夕闇の街。ついさっきまでは割と大きな街があった。オレンジ色の光でその存在がやっとわかる。
私は上空にいるので遠くの地平線に、かすかに輝く光が見える。この街の人々からは見えるのかな。

本当に、1人で来てしまったなぁ…。ここから始まるんだ、色んなことが…。
今はまだ実感が湧かないけれど。どこに行くのもすごい楽しみ。
この先、また新しいことややれなかったことに対して乗り越える力がついたらいいと思う。

プラハ・ルズィニエ空港まであと30分で到着です。
張…はまだないなぁ。まだ実感がわかない。
やっぱり空港を出て、外の空気をひとくち吸い込んだとき、それからその土地の言葉を耳にしたときだと思う。
「あー始まったー!」って思うのは。…もうすぐです!

[Sir Tobby's Hostelにて]
機内で後ろの席だった親日家のチョイさんと別れて空港の外へ。
…の前に両替えをして、更にお金を崩さねばとカフェラウンジへ。
そしたら文ちゃん(註:妹です)がお土産にくれた雪舞うブルーのお砂糖が…!!
思わずこっそり持ち帰りました。
コーヒーを手にやっと外へ。慣れないところは戸惑いも多くて、いちいち手間がかかるなぁ…。
スロバキアとハンガリーも気をつけなきゃ…。

Sir Tobby's Hostelは広くてきれいで快適!ちょっと市街から遠いのが難だけど、楽しいホステルです。
一息ついてTESCOに。ワックスペーパーはあの花柄だけ全然なくて、マイッター。
明日は朝イチでウィーン行きのチケットを買いに行きます。
明日移動です。大丈夫かなぁ…。

/ 1/1 /