水がめ座ダイアリー

小鳥店なリータス  2016.04.15



rytasの大宮の実店舗で「ポーランド 春の小鳥店」が始まって3日めとなりました。
窓際に棚を出したせいか、普段よくお店の前を通りかかる方も足を止めてくださって、にこにことお店を覗いてくださいます。
1日じゅう小鳥に囲まれていると、昔わたしもジュウシマツを飼っていたなぁ……と思い出しました。
けっこうすっかり忘れていましたが、そういえば中学生の頃、フライドポテトを作ろうと思って油に火をかけたままボヤを起こして小鳥に助けられたことがあったのでした……天井まで炎が上がって、家中煙臭くなって、超大変でした。
小鳥は小さな肺で苦しくなって、今まで聞いたことのないような鳴き声で鳴いて教えてくれたんだったな……。
あのとき小鳥を飼っていなかったら、渋谷家は確実に燃えて無くなっていたと思います。



…とつい思い出話(?)を始めてしまいましたが、ポーランドから届いた木製の小鳥のオブジェたちが道行く方々を楽しませている、という話でした。
今回の展示は少し工夫して、メインテーブルも窓際も緑でいっぱい!そしてその枝枝に、よーく見ると小さな小鳥が隠れているのです。
ちょっと見上げるようにこちらを見つめる様子がかわいらしくて、楽しい店内になりました。



そうそう、今回の展示で、一番最初にお越しくださったお客様は野鳥についてとっても詳しい方でした。
まるで登山帰りのような装いでいらしてくださって、山登りをしたり、野草を摘んだりするのがよいリフレッシュなのだと教えてくださいました。
ものすごーーーーく悩んで、小鳥のブローチや壁飾りのオブジェを選んでくださって、その方の田舎の様子を教えていただいて……桜と筍の炊き込みご飯の話をしたら(まだしている)、ご実家では桜の塩漬けも自家製なのだそうです。
なんて羨ましい…!それからよもぎ餅の話など、ひたすら食べ物の話をしてしまってすみませんでした。
またぜひ遊びにいらしてくださいね。

fragmentasではアレさんとシギタスさんのかごのフルラインナップをご覧いただける最後の週末となりました。
オンラインショップでは、明日のお昼頃より販売をスタートいたします。
→4月21日(金)21時〜に変更とさせて頂きました。ご案内が遅くなりまして申し訳ございません。
またご案内いたしますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

明日も皆様のご来店を心よりお待ちしております!

new / top / old