水がめ座ダイアリー

Trip Journal 02 from Malmö  2018.06.04


26-Apr-18

朝からしっかり降っているマルメ。雨宿り中の大きな犬もご主人を待ちながら物憂げな顔です。つぶらな瞳が可愛かったな。大きな犬はおっとり優しそうなところがいいな。


この日は5ヶ所ほど訪問先があって、朝のうちに地図をにらみながら効率の良さを頭に叩き込んで出掛けました。「大きなバックパックと、キャリーカートで運べるだけ」。仕入れすぎない(量より質)ことを念じながら、「これをお店に並べたい」と思えるものが少なくてもがっかりしないように。「良いものをたくさん」は嬉しいけれど、「少ないけれど良いものだけ」でもいいんだと、2年間のお休みの間によりはっきり思うようになりました。



5ヶ所の予定を、頑張って足をのばしてもう1ヶ所回って、キャリーは使わなかったけれどバックパックだけは「良い!」でいっぱいにして、宿に戻ったのが18時。


天気は悪いけれど、日照時間だけは春のそれになった街はまだまだ明るくて、なんとなく気持ちも明るくいられるのが春や初夏の買付けのいちばん好きなところ。この旅の前に、初めてフィルムのカメラを買って、そのカメラを片手に散歩してきました。新しい趣味を見つけたのです:) ※今度書きますね、カメラ、すっごく楽しいです!


夕食にサラダを買って宿に戻り、あとはひたすら梱包。もう、何年も繰り返してきたことの連続ではあるけれど、テーブルいっぱいにその日見つけたものを並べる時の嬉しさは毎回格別です。どんなに歩き回ってクタクタになっていても「そうそう、こんなの出会えたんだ…」とか、「わたし!天才!」とか、うるさく独り言を繰り出しながら夜が更けていきます。


明日はヨーテボリへ!午後の列車で移動なので、晴れたらちょっと走りにいこうかな?おやすみなさい!


new / top / old