水がめ座ダイアリー

07-06-22|雑貨でめぐる6ヶ国|エストニア  2007.06.22



三人姉妹は今日も朗らか。歌うように話し、歌うように笑う。
あなたの胸元でそっと こう囁きます。

「さぁ私たちをどこか、楽しいところに連れていってちょうだい」

ふむ、今日はどこへ出かけようか?




パステルカラーの絵の具をぷわんとのせたような、そんな愛らしい色合いの街並みが続くタリンの街。
首都と呼ぶにはあまりにも可憐で、まるでおとぎの国のよう。

泊まった宿の向いは音楽学校で、
様々な形の楽器箱を手にした学生たちが次々に扉を開きます。
真っ白なその建物の窓からはいつも綺麗なメロディーが鳴り渡り、
その通りの端の方からずっと音色を楽しみました。



こちらは旅の相方ゆみちゃんがどこかで見つけてきた、仲睦まじい二人。
この階段の先はどこへ続くんだろう? 今でもとても気になります

new / top / old